Softbank Payment Service

サービスの概要

定期購入・頒布会などの継続課金にも対応しています。豊富な決済手段を万全なセキュリティ体制でご提供します。

資料請求・お問い合わせはこちら

導入のメリット

多様な決済手段を一括導入可能

クレジットカード決済、Webコンビニ決済に加えて、スマホユーザー向け決済「キャリア決済」、越境向け決済「Alipay国際決済・銀聯ネット決済・ペイパル」も一括導入可能。複数の決済機関との契約もSBペイメントサービス株式会社(SBPS)が代行しますので、事業者様の導入に関わる手間を軽減することできます。

万全なセキュリティ

2018年6月の割賦販売法の改正により、EC事業者様は「クレジットカード情報の漏洩対策」と「ECにおける不正利用対策」が必須となりました。SBPSのクレジットカード決済は、EC事業者様でクレジットカード情報を保持する必要がなく、クレジットカード情報の非保持化対策が実現できます。

定期購入・頒布会などの継続課金に対応

健康食品や化粧品などの定期購入や頒布会や電子書籍、情報コンテンツなどの会員費などに必要な継続課金も提供しています。

・継続課金(簡易)
SBPSが定める課金日に、一定金額を継続的に決済する課金方式です。月額利用料や月額定額購入などに適しています。お客様に対してSBPSが毎月決済処理を行うため、事業者様は月次の課金処理が不要です。

・継続課金(定期・従量)
事業者様にて課金時期と金額を指定して継続的に決済する課金方式です。2か月に1回の定期購入や、一定期間の無料・割引などのキャンペーンに対応することが可能です。より柔軟な継続課金をご希望される事業者様に多くご利用いただいています。

2回目以降の商品発送や定期購入の情報変更は、ウルトコの管理画面で操作可能です。

キャリア決済でコンバージョン率UP!

スマホ利用者の拡大に伴い、ネットショッピングで手軽に利用できるスマホ向け決済手段のニーズが高まっています。キャリア決済は、クレジットカード情報の入力が不要で、各キャリアのID/パスワード認証などを利用して、スマホひとつで簡単にお支払いすることができます。外出先でも場所を選ばず、ストレスなくお買い物が完了するため、コンバージョン率のアップが期待できます。さらに、クレジットカード決済に抵抗があるユーザー層も獲得できるため、購入機会を逃さず、売上向上が期待できます。
※ソフトバンクまとめて支払いをご導入いただくと、ワイモバイルのお客さまにも「ワイモバイルまとめて支払い」としてご利用いただけます。

資料請求・お問い合わせはこちら

お申し込みからご利用開始までの流れ

お申し込みからサービスご提供まで最短3週間です。お申し込み窓口は、SBPSが一括で対応いたします。

※ご導入には、SBPSエントリーシートのご提出が必要となります。
※決済機関などの審査がございます。決済手段によっては、審査の際にご提出いただく書類がございます。
※Webコンビニ決済、キャリア決済などご導入の場合は、1か月~3か月ほどのお時間がかかります。

資料請求・お問い合わせはこちら

ご利用料金・対応接続方式(ウルトコ特別プラン)

初期費用 月額固定費 決済手数料 トランザクション費 対応接続方式
SBPSオンライン決済 導入費用
(オンライン決済ASP基本料金)
¥20,000 ¥1,000
クレジットカード決済 Visa/Mastercard ¥0 ¥0 2.90% ¥0 API型
(トークン方式)
JCB/AMEX/Diners ¥0 ¥0 3.10% ¥0
Webコンビニ決済 ¥0 ¥0 2.20% ¥100 リンク型
キャリア決済 SoftBank ¥2,000 ¥2,000 6.00% ¥0 リンク型
au ¥0 ¥0 6.00% ¥0
docomo ¥0 ¥0 6.00% ¥0
銀聯ネット決済 ¥2,000 ¥1,000 3.00% ¥0 リンク型
Alipay国際決済 ¥2,000 ¥1,000 3.00% ¥0 リンク型
ペイパル ¥2,000 ¥2,000 3.60% ¥40 リンク型
Yahoo!ウォレット決済サービス ¥2,000 ¥2,000 個別にお問い合わせください リンク型
Pay-easy(ペイジー)決済 ¥2,000 ¥2,000 2.20% ¥100 リンク型

※税抜価格です。一部、非課税の項目もございます。
※キャリア決済の初期費用、月額固定費は、3キャリア合計の価格となります。
※決済手数料は一般的な物販の場合となります。少額決済、デジタルコンテンツ販売、役務サービス、B2B販売などは決済手数料が異なりますので個別にお問い合わせ下さい。
※全決済手段において決済機関の審査がございます。
※入金サイクルは、月末締め、翌月末のご入金になります。
※リンク型とは、SBPSが提供する決済画面に接続し、決済処理を行う仕組みです。決済情報をSBPSが管理するため、事業者様でのクレジットカード情報漏えいリスクが軽減できます。
※API型とは、事業者様のサーバーにて決済情報を取得し、サーバー間通信にて決済処理を行う仕組みです。ECサイトにJavaScriptを組み込み、クレジットカード情報をトークン(別の文字列)に変換することで非保持化が実現できます。

オプションサービス

※オプションサービスは別途費用が発生します。

お問い合わせ

ウルトコ特別プランをご用意しております。

お問い合わせはこちら

トップへ戻る